カテゴリ:日々の中から( 13 )

皆既月蝕




b0267227_10582516.jpg




昨日 1月31日は

スーパームーン ・ ブルームーン ・ ブラッドムーン という 貴重な皆既月蝕でした。



あまり天体写真は撮ったことがないのですが、 記念の一枚です。


撮影場所は 東京目黒区の実家の屋上。


心配していたお天気も 雲が切れて 東京でもまずまずの撮影ができました。








by izumi-suzuki | 2018-02-01 11:05 | 日々の中から | Comments(8)

PIT INN

b0267227_927434.jpg




リゾートに出かけると お気に入りの素敵なカフェでゆっくりお茶をするのが楽しみだったりするのですが、

そういう場所は、時として混雑して並んだり、店内がざわついて落ち着かなかったり・・・・


それで、道すがら ちょこっとピットインする秘密の場所が何箇所かあります。

景色が良かったり・・・気持ちのよい木陰であったり・・



今日の写真は、その中のひとつ。


那須の御用邸の敷地には横切っている2本の道路があるのですが、そのうちの1本です。


那須街道を広谷路の交差点に向かって一軒茶屋から左折すると、

御用邸の深い森の中を 1キロほど一直線に真っすぐな道がのびているのですが・・・

御用邸の森だから道沿いには一軒の家もお店もなく、まっすぐ伸びた森の中の道は ちょっと外国みたいな雰囲気です。



交通量もさほど多くないので、路肩に車を寄せて、少しだけティータイム。

お供は SHOZO CAFE のレモンスコーンだったり、柏屋さんの薄皮饅頭だったり、ホテルのお部屋のエスプレッソマシーンで淹れてきたコーヒーだったり・・・・



木漏れ日の下のマイカフェは 結構快適ですよ。





*******
by izumi-suzuki | 2016-09-06 09:46 | 日々の中から | Comments(14)

雨柱


b0267227_21443520.jpg



今日の写真は 美しくはないのですが、 ちょっと時事ニュース的な話題としての投稿です。



実は、東京の梅雨明け当日の先週の木曜日に、夕景を取りに若洲海浜公園に出かけたのですが、

その時に、房総方面に おかしな黒い雲が地上に向かって何本も降りているのが見えました。

竜巻? とも思ったのですが、それにしては複数だし・・・・



そうしたら、先日の朝、天気予報士の天達さんが こういう現象を「雨柱」というと話されていました。

この雲の柱の真下で、1時間に50mm以上の激しい雨が降っているのだそうです。



このところ、関東地方のお天気は不安定で、毎日のようにどこかで激しい集中豪雨があります。

遠くから見ると、こんな雲の様子をしているのですね。

なんだかちょっと怖い雲です。





*******
by izumi-suzuki | 2016-08-03 21:56 | 日々の中から | Comments(8)

梅雨の中休みに・・・・

b0267227_1931321.jpg



[ LEICA Q ]


鬱陶しい雨の日が続いている梅雨の間に 束の間 爽やかに日が差す午後もあって・・・・

そういう日は お外に出て テラスでお茶なんていかが?



まだ夏になりきらない風は 案外に心地よくて、

雨で潤ったお庭は いつもより綺麗に見えたりするものね。
by izumi-suzuki | 2016-06-29 19:07 | 日々の中から | Comments(10)

Little sweet heart


長い物語の途中、本のページにそっと置いた指輪から 密やかに生まれた小さなハートです。

St.Valentineに寄せて・・・・送ります。

皆さん、お幸せにね。




b0267227_738135.jpg




[ LEICA- M type240 simmilux-M50mm f1.4 MACRO-ADPTER-M ]
by izumi-suzuki | 2015-02-14 07:40 | 日々の中から | Comments(12)

a sign of past



夏休みを10日も過ぎると、避暑地は静寂の日々を迎える。

この間まで 笑いさざめきで溢れていたテラスからは 人の姿が消え、
子供達が駆け回っていた芝生も静まり返ったまま・・・・


そして、避暑地は今、秋の予感に満ちている。

例えば、光の濃度や風の気配、朝夕に降りるようになった霧の冷たさ、草木の匂いの中に混じり始める乾いた空気の香り・・・・


彩の秋に染まる前のほんのひととき・・・五感で感じる秋は、なんだか寂しい。



b0267227_23313463.jpg


~軽井沢 鹿島の森~


[ LEICA M-type240 ANGENIEUX PARIS 35mm f2.5 ]
by izumi-suzuki | 2014-09-13 23:39 | 日々の中から | Comments(22)

destiny

  TVをつけると 桜の開花宣言のニュースばかりで・・・・
                      ちょっとうんざりして、街の中に春色探しにでかけた。


  代官山で、見つけた ミサンガ屋さん。

  
  少女達は 色とりどりのリボンの中から 願いを込めて 美しい色を選び

      
        運命に おまじないをかけて、 ミサンガを 編む・・・・


  こんな春の色達の ミサンガなら きっと 明るい未来が生まれそうだね。



b0267227_2201376.jpg




実は、私にも 最近 運命の出会い があったんですよ。


1957年生まれだから もういい歳だけど、 IQばっかり高い若造より ずっと円熟した魅力があるんだなぁ。 
まぁ、見た目は瀟洒で渋くてカッコイイおじ様。

気まぐれで、偏屈だから嫌われ者になりそうなのに、時々、子供みたいな無邪気な悪戯をして、人を煙に巻く。

だけど、いざという時には頼れそうな包容力がある・・・のかな?・・・・どうかな?・・・

ちょっと見は寡黙でとっつきにくい印象なんだけれど・・・・繊細でナイーブな感性を内に秘めていて、 語り始めると 素晴らしく雄弁・・・


そうそう・・・往年のアーネスト・ヘミングウェイみたいな感じかなぁ・・・・


でもねぇ・・・こんなに私が恋したのに、私に笑いかけてくれるかどうかは、本当はまだわからない・・・・・
片思いだから・・・・



          ホント、出会った瞬間にひとめ惚れしちゃったんです。


                 鈍く光る真鍮の鏡筒

                 15枚もある絞り羽根の美しいアーチ

                 手を触れたその時のひんやりとした冷たさと ずっしりと持ち重りのする存在感

                 瀟洒で気品のある佇まい
      

                 そして、柔らかな柔らかな 描写


                 ・・・・・・Mr.Summarit 50mm f1.5・・・・・・・






[ LEICA M Summarit 50mm f1.5]
by izumi-suzuki | 2014-03-28 23:38 | 日々の中から | Comments(18)

Sweet Memory

本当は・・・・・隣に座りたかったんだけどね・・・・・・・・・・

でも・・・・すご~~く、近寄りがたい雰囲気・・・・・

仕方がないから、近くの席に座ってみる・・・・・で、 隣の席、何気に空けといたりして・・・・・・・



レストランのディスプレイ見ながら、ふと思い出した・・・・・ティーンエイジの自習室・・・・・


b0267227_7212130.jpg

[M9 summilux-M 35mm f1.4]
by izumi-suzuki | 2013-01-26 07:27 | 日々の中から | Comments(12)

Dr.Vranjes

代官山のフレグランスのお店・・・・Dr.Vranjes (ドットール・ヴラニエス)
フィレンツェのルームフレグランスの専門店です。

リビング用に“Rosso Nobile” というフレグランスを買っちゃった・・・
これは、フレグランスとしてはとても珍しい、赤ワインをモチーフにしたもの。

ストロベリーとブラックベリーを基調に、スミレとバラの薫りをミックスし、それにワインのタンニンの薫りを加えたとても複雑でユニークで気品高い香りです。
お部屋いっぱいがフルーツとお花と,かすかなワインの薫りにつつまれて・・・・幸せ気分になる・・・・
b0267227_13564151.jpg



Dr.Vranjes のご案内はこちら・・・・・


そして・・・我が家のリビングの片隅で・・・“Rosso Nobile”
b0267227_1684691.jpg


[M9 MS-OPTIKAL-R&D SONNETAR 50mm f1.1]
by izumi-suzuki | 2012-10-24 13:57 | 日々の中から | Comments(8)

一人ぼっちのお星様

ショウウィンドウの中の、白い和紙で作られた“お星様”・・・・ガラス越しの光の反射で虹色に輝いていた。

こんなところで、何しているの?  一人ぼっちのお星様・・・

b0267227_1252686.jpg

[M9 MS-OPTICAL-R&D SONNETAR 50mm f1.1]


Angenieux とKINEPTIK をMマウントへ改造していただく為に宮崎光学の宮崎貞安さんに電話を入れたのは、今年の7月半ばだった。
その時に、シネマレンズの話から好みのレンズの話になって・・・・「被写体が光のベールを纏ったような柔らかいフレアが入るレンズが好き」とお話しすると、「それは、今僕が作っているレンズそのものだから、出来上がったら送ってあげるよ。」というお返事・・・・・

それから待つこと3カ月、やっと待望のレンズが完成したというお電話をいただいて、程なく我が家に小包が届いた。

それが、この、SONNETAR 50mm・・・・・
開放F値が1.1という大口径にかかわらず、昨今珍しいゾナータイプの設計であるから、軽量コンパクト。
なんと・・・・・190g・・・・

f1.1から2.0くらいまでは、柔らかくてフレアがいっぱいの大好きな描写
f2.8以上では、かっちりとクリアな描写、いい手ごたえ
そして、190gのフットワーク・・・・

オール手作りなので量産はできなくて、今回はまず90本作られたとのこと。

できたてほやほやの、初版本のようなレンズを持って街に出てみたけど・・・・何を撮ろうかな?
せっかくの f1.1 なので、どうしても最初の一枚は開放で撮りたくて・・・・・・・ウィンドウの中に見つけたのがこのお星様でした。
by izumi-suzuki | 2012-10-22 23:22 | 日々の中から | Comments(12)