カテゴリ:Human( 29 )




b0267227_21553615.jpg




Angeneiux zoom 35-70mm  で撮影しました。

30年くらい前のフランスのレンズですが

古くてコーティングがおかしくなっているのか 逆光気味に撮ったらとこんな感じになってしまいました。


トイカメラっぽいというか、ロモで写したみたいな・・・



でも、こういうのも   嫌いではないです。











********************



ブログを訪問してくださり ありがとうございます。


もしよろしければ  IZUMI SUZUKI のポートフォリオ もご覧いただけると嬉しいです。



**********



いつも暖かいコメントをいただいて 感謝しておりますが  只今 少し忙しくて なかなかコメントへのお返事ができません。

大変申し訳ないのですが しばらくコメント欄を閉じております。



  
  メールをくださる時は →こちら へお願いいたします。  




********************

by izumi-suzuki | 2018-07-31 22:02 | Human | Comments(0)




b0267227_20153300.jpg





お帰りなさい


夕暮れになって やっと浜辺に戻ったね。


潮の香りのするご主人










********************








ブログを訪問してくださり ありがとうございます。


もしよろしければ  IZUMI SUZUKI のポートフォリオ もご覧いただけると嬉しいです。








**********



いつも暖かいコメントをいただいて 感謝しておりますが  只今 少し忙しくて なかなかコメントへのお返事ができません。

大変申し訳ないのですが しばらくコメント欄を閉じております。



  
  メールをくださる時は →こちら へお願いいたします。  




********************

by izumi-suzuki | 2018-07-26 20:21 | Human | Comments(0)




b0267227_22070858.jpg







実は この写真を現像しながら 色々な記憶が湧き上がって 少し感慨に浸ってしまった。


 大学生の頃をちょっと思い出したりして・・・・ 







誰でもが 心の中に こっそりひっそり大事にしまってあるるシーンかな と思った一枚です。












********************



ブログを訪問してくださり ありがとうございます。


もしよろしければ  IZUMI SUZUKI のポートフォリオ もご覧いただけると嬉しいです。



**********



いつも暖かいコメントをいただいて 感謝しておりますが  只今 少し忙しくて なかなかコメントへのお返事ができません。

大変申し訳ないのですが しばらくコメント欄を閉じております。



  
  メールをくださる時は →こちら へお願いいたします。  




********************

by izumi-suzuki | 2018-07-22 22:17 | Human | Comments(0)

夕陽 * 下田 弓ヶ浜




b0267227_20231204.jpg












********************



ブログを訪問してくださり ありがとうございます。


もしよろしければ  IZUMI SUZUKI のポートフォリオ もご覧いただけると嬉しいです。



**********



いつも暖かいコメントをいただいて 感謝しておりますが  只今 少し忙しくて なかなかコメントへのお返事ができません。

大変申し訳ないのですが しばらくコメント欄を閉じております。



  
  メールをくださる時は →こちら へお願いいたします。  




********************

by izumi-suzuki | 2018-07-20 20:23 | Human | Comments(0)




b0267227_22085995.jpg






パパがサーフィンしている間、ずっと浜辺で遊びながら待っていた ママと僕・・・






波の大好きな君は いつかきっとパパみたいなサーファーになるんだね。


そして 傍らのママは、 今もずっと パパに恋してるみたい。











********************



ブログを訪問してくださり ありがとうございます。


もしよろしければ  IZUMI SUZUKI のポートフォリオ もご覧いただけると嬉しいです。



**********



いつも暖かいコメントをいただいて 感謝しておりますが  只今 少し忙しくて なかなかコメントへのお返事ができません。

大変申し訳ないのですが しばらくコメント欄を閉じております。



  
  メールをくださる時は →こちら へお願いいたします。  




********************

by izumi-suzuki | 2018-07-06 22:05 | Human | Comments(0)

St.Valentine によせて




b0267227_16551750.jpg




< ベネチア    サン・マルコ広場  >



3年前にイタリアに行った時の 少し古い写真です。





カフェの店先の露天で始められた ピアノとヴァイオリンの演奏

お夕飯を食べ終わって、そぞろ歩きをしていた人が 足を止めて聴いていきます。




若いカップルも  往年のカップルも  

それぞれに寄り添って過ごした 素敵な夜・・・・・・






by izumi-suzuki | 2018-02-14 17:10 | Human | Comments(6)

ミラノ *5

b0267227_22272582.jpg





ドゥオモは ミラノ観光の拠点である。

ミラノを訪れた旅行者は まずはドゥオモ広場に立つ。

強引に声をかけてくる ”鳩のエサ売り” を振り払いながら、そのどうしようもないような雑踏に 何故かイタリアを感じ、

そして 総大理石造りの 偉大ともいえるような 建築に 息を飲む。


そして、教会の中へ入るためのチケットを買うのに費やすかなりの時間をものともせず、入り口で荷物の検査を受けるのにさらに時間を費やしてから おもむろに その内部に立ち入る。



見上げる天井は 信じられないくらいに高く、それを支える目も眩むように伸びた柱 何より その空間の壮大さに圧倒される。



そして、オーディオガイドを聞きながら、カメラを片手に、教会の全てを目にする為に そこらじゅうを歩き回る

美しいステンドグラスを愛で、巨大なパイプオルガンから奏らられるであろう荘厳なミサ曲を想像し、

そして、教会そのものの、また、その小さなパーツ全ての歴史的価値、美術的価値に 溜息をつくのだ。




けれど、そうした教会の片隅に・・・・彼女はいた。

彼女の耳には 旅行者がそこかしこを歩きまわる靴音も ひそひそと囁く感嘆の呟きも 聞こえない。


そうなのだ・・・・・ここは 美術館でもなく 博物館でもなく まぎれもなく教会で、

彼女にとっては 神と対話する 聖なる空間 なのだと、気付く・・・・・・


彼女にとって 祭壇の聖マリア像は 歴史的な意義を持つ美術品ではなく、崇拝と敬愛の対象なのだ・・・・・




私も 歩き回るのをやめて そっと 腰をおろしてみる。

静かに目をつむると 思いがけないような 静寂と 平穏が 心に浸み込んできた。



この 壮大な空間を満たす スピリチュアルな空気こそ ドゥオモの真髄なのかもしれない。
by izumi-suzuki | 2016-02-04 22:35 | Human | Comments(12)



b0267227_2218219.jpg



試合に負けたって  こ~んなに素敵な思い出ができたら  最高の日 !!!



サッカーシリーズ最後の一枚は この日 スタジアムで一番幸せそうだった二人・・・・
by izumi-suzuki | 2015-12-09 22:21 | Human | Comments(16)

ミラノ *2



b0267227_22312734.jpg



ミラノ中央駅のカフェで。

カフェテリア形式の駅のレストランだけれど、これが案外美味しくて、ヴェネツィアの観光客向けのレストランなんかより ずっとイケてた。

古い駅舎の 吹き板ガラスを通した日の光はとても柔らかくて、
旅行の慌ただしいひと時を癒してくれる。



**********



プライベートな話題なんですが・・・

この間の日曜日、家族で 恵比寿の行きつけのお寿司屋さんに出かけて

お食事のあと3時間くらい経った頃から 息子がひどい胃痛。

食中りかなと思ったのですが、症状が尋常でなく どんどんひどくなるので

まさかとは思うけど、アニサキス?と思って 日赤医療センターへ・・・・

ところが、担当のドクターは ただの胃炎と診断。
胃酸過多になっているからと H2ブロックなんかくれちゃって・・・・そんなはずないのに・・・

・・・で、当然治らなくて七転八倒しているので、夕方 再度 医療センターの救急へ・・・


即入院で、胃カメラ検査して やっぱりアニサキスでした。

青魚やイカに住みついている小さな線虫です。
人間には寄生できないのですが、胃酸から逃れるために胃壁や腸壁に穴を開けて潜り込もうとするので、激痛になるんです。

20mmくらいのが食いついていたんですよ。


最初の先生が気づいてくださったら、半日は早く処置できたのに・・・
珍しい症例ではあるけれど、いろいろな可能性を検討してほしいです。


そうしないと、患者は無駄に苦しい思いをします。



そんな訳で バタバタ大騒ぎで、 ブログの更新がまた遅れました。
by izumi-suzuki | 2015-11-19 23:07 | Human | Comments(16)

ミラノ *1

b0267227_18431276.jpg


     ロミオの昔から現代まで イタリアの男は バルコニーで 愛を語る・・・・
by izumi-suzuki | 2015-11-11 18:44 | Human | Comments(12)