Falling Silent




b0267227_00210044.jpg






空が白々と明けてくる頃  風がぴたりと止む。



湖のさざ波は消え、木立は動きを止め、森羅万象が息をひそめて日の出を待つ・・・・神聖な沈黙の時間

















********************



いつもブログを訪問してくださり ありがとうございます。


もしよろしければ  IZUMI SUZUKI のポートフォリオ もご覧ください。



**********




  
  メールをくださる時は →こちら へお願いいたします。  




********************

by izumi-suzuki | 2018-08-25 00:28 | 薄明 | Comments(8)




b0267227_20442567.jpg




うだるような夏の朝は 明け方でも 気温は一向に下がらない。


もうもうと海から立ち上がる水蒸気は 靄となって浜辺に立ち込め


水蒸気はやがて低い雲になって空を覆い  気だるい夏の朝は ますます湿気を帯びてくる。


鬱陶しい湿気に満ちた浜辺には 誰もいなくて   何か物悲しい 寂し気な夜明けを迎えた。















********************



いつもブログを訪問してくださり ありがとうございます。


もしよろしければ  IZUMI SUZUKI のポートフォリオ もご覧ください。



**********




  
  メールをくださる時は →こちら へお願いいたします。  




********************

by izumi-suzuki | 2018-08-14 21:18 | 薄明 | Comments(2)




b0267227_22311921.jpg




昨日のモノクロームの 少しだけ方向違い 時刻違い のカラー版です。





夕景の中で 眺めていると 伝説の生まれた訳がうかがわれるような 神秘的な雰囲気を感じます。











********************



いつもブログを訪問してくださり ありがとうございます。


もしよろしければ  IZUMI SUZUKI のポートフォリオ もご覧ください。



**********




  
  メールをくださる時は →こちら へお願いいたします。  




********************

by izumi-suzuki | 2018-08-10 22:36 | 薄明 | Comments(2)




b0267227_20464991.jpg







下田には 本当は 太平洋から昇る朝日を撮りたくて出かけた。


けれど 期待に反して 日の出の時刻の東の水平線には 低く厚い雲がたれこめていて


朝焼けもなく 雲がうっすらとピンクに染まっただけ・・・





でも、なんとなく 儚く明けていく朝の時間も好きだったりして・・・・・



まんざらではない。














********************



ブログを訪問してくださり ありがとうございます。


もしよろしければ  IZUMI SUZUKI のポートフォリオ もご覧いただけると嬉しいです。



**********



いつも暖かいコメントをいただいて 感謝しておりますが  只今 少し忙しくて なかなかコメントへのお返事ができません。

大変申し訳ないのですが しばらくコメント欄を閉じております。



  
  メールをくださる時は →こちら へお願いいたします。  




********************

by izumi-suzuki | 2018-07-24 20:53 | 薄明

夢の世界 * 湘南




b0267227_21372913.jpg





本当は夕日の写真を撮りに来たのだけれど

西の空は低いところに雲がでてしまって、ちょっと期待外れ・・・・


それでも、視線を少し南に移すと

夕日の反射で なんとも美しい色に染まっていました。





夕焼けの色とは別の  夕暮れの桜色




ファインダーの中がこんな色でいっぱいになると 何とも言えない幸せな気分。





( 遠くのブルーは 夕闇に沈む伊豆半島です。 )













by izumi-suzuki | 2018-07-09 21:46 | 薄明

冷たい朝 * 谷中湖




b0267227_19142859.jpg



昨夜の天気予報で、 久しぶりの冷え込みに 栃木県は明け方の気温が0度になると報じられた。




渡瀬遊水池では 17日にの葭原の野焼きを前に 最後の朝霧が見られかなと 

夜中に車を飛ばしたのだけれど・・・・


残念ながら、朝靄はなくて 澄み渡るような快晴ののまま夜明けを迎えようとしている。





それでも、薄く凍り付いた岸辺の泥濘が 版画のようで

煌めきながら 一日の始まりを迎える 谷中湖の朝。





( 遠くに見えているのは 筑波山です。)











by izumi-suzuki | 2018-03-07 19:25 | 薄明 | Comments(8)

夜明け前 * 印旛沼




b0267227_09270370.jpg




釣り人が沼の奥に遠ざかってしまうと 沼畔は再び静寂に包まれた。


ジョギングの人も 犬の散歩の人も現れない まだ一日の生活が始まる前の時間




東の空に日が昇るまで    もう少し・・・・













by izumi-suzuki | 2018-02-12 09:37 | 薄明 | Comments(6)

日の出 * 備瀬の浦



b0267227_21595192.jpg


お正月の旅ですから、初日の出? って思われるのでしょうね。

でも、初日の出は大失敗の巻で 撮影できなかったんです。 ですから、これは 2日の朝です。



備瀬の村は 名護市の北西の小さな半島の先の方にあります。
村自体は 西向きに海に面しているので、夕日の名所なのですが、
半島の先端の備瀬崎に立てば東の方向にも海が開けると 簡単に思っていたのです。

行き当たりばったりはやっぱりダメですね。

初日の出を見ようと実際に備瀬崎に行ってみたら、東の方向に小高い丘があって視界が全く開けず・・・・
空はどんどん赤くなるのに、太陽は全く見えませんでした。

Sun seeker だけでも、ちゃんと確かめておけば良かったな・・・・・(涙)



それでも気を取り直して、1日の昼間に さらに東側の備瀬の浦という所まで ロケハンに行ってきました。

日の出の撮影は 暗いうちにセットアップするので、車の駐車場所とか 三脚を立てる位置とか 足元の道とか 
ちゃんとロケハンで確保しておかないとね。



備瀬の浦の誰もいない小さな小さな浜辺からの撮影です。






by izumi-suzuki | 2018-01-19 22:27 | 薄明 | Comments(8)

干潟の朝





b0267227_18474901.jpg



東京では希少な干潟は 水鳥の大事な餌場でもあります。


今の時期は 潮干狩りのの人達で 大賑わいの三番瀬。



冬から春先にかけては 水鳥と バードウォッチングの人と 私とで 独占・・・・



3か月くらい前の写真ですけれど、

先日、TVで 三番瀬の潮干狩りの様子を見ていて、思い出しました。




バズーカ砲のような望遠で どんな風に見えているのか、ちょっと聞いてみたかったけど

水鳥と バードウォッチャーと カメラマン・・・お互いの領域は侵さない。








*******





by izumi-suzuki | 2017-06-13 18:58 | 薄明 | Comments(14)




b0267227_20544322.jpg



小田原から箱根を結ぶ MATSUDAターンパイク箱根。

その途中にある大観山展望台は、芦ノ湖とその向こうにそびえる雄大な富士山のビューポイントですが、

向かいの駐車場から反対側を望むと、美しい日の出が見られる場所でもあります。



この日のお天気は少し微妙で 水平線の辺りはうす靄の中に房総半島までうっすらと見えているのに

少し上空は曇り・・・・



でも、そのおかげで、ちょっと不思議なグラデーションの空になりました。







*******

by izumi-suzuki | 2017-06-05 21:09 | 薄明 | Comments(6)