ブログトップ | ログイン

X-1Dの電子シャッターとブラックアウト




b0267227_19213940.jpg

今日の写真は 久しぶりのスタジオ撮影


白バックにLEDライト + プラス露出 の撮影です。


ちょっと いわさきちひろ の水彩画風になりました。



カメラをいじりながら 色々試して撮影している時間は 楽しみなリラックスタイムでもあります。




***



上の写真は LEICA CL の撮影ですが、 HASSELBLAD X-1D についての話題です。


X-1Dは 実は レンズシャッターのカメラなので、 シャッター速度は最速で 1/2000秒です。


おそらく、レンズシャッターにすることで、中判フォーマットでここまで小さいサイズのカメラにできたんだろうと思います。

(レンズを外すと、シャッター幕がなく、驚くほどすぐ近くにセンサーがあってギョッとします。)



そこで、フォーカルプレーンシャッター用のレンズ( ハッセルのVレンズ や ライカのMレンズ )をアダプター経由で使う時、

そして  レンズシャッターのついたレンズでも、明るい場所で絞りを開けたい時、

電子シャッターを使います。

電子シャッターを使うと  最速が 1/10000秒まで可能になります。




・・・で、この電子シャッターを使用すると、シャッターを切った後ファインダーがブラックアウトするのです。

一眼レフじゃないのに何でだろうな と不思議だったし、

ブラックアウトの間にカメラを動かしていいのかどうかも心配だったし・・・・



先日、原宿のハッセルブラッド・ジャパンまで出向く機会があったので、お話しを伺ってきました。



そうしたら、
「 ブラックアウトの間にスキャナーみたいに画像を読み込んでいますから、絶対にカメラを動かさないでください。
モデルさんにもじっとしてもらってくださいね」


とのこと。


えっ・・・・・・・


「シャッター速度」って 「被写体を切り取る時間」っていう認識でいたのですが、そうじゃないんだ・・・・

確かにね、「シャッター速度」は 「光を取り込む時間」 ですよね。



という訳で、X-1D の電子シャッターを使う方で、ブラックアウトを気にされている方がありましたら、

ブラックアウトの間に画像を取り込んでいるので、カメラは動かしてはいけません。


シャッター速度は 露出の要素として考えてくださいね。




動きを止めて撮影したい時は 必ずレンズシャッター機能のあるレンズを使用してください。








********************



いつもブログを訪問してくださり ありがとうございます。


もしよろしければ  IZUMI SUZUKI のポートフォリオ もご覧ください。



**********




  
  メールをくださる時は →こちら へお願いいたします。  




********************

Commented by getteng at 2019-04-02 20:29
izumi-suzukiさん
この室内撮影の場合、ライトは花の裏側から当てているのですか?
+補正値はどのくらいでしょうか?
いやあ、この撮り方も素晴らしいと思いまして・・・。
といっても、老生は花撮りは苦手です。
Commented by nontan91 at 2019-04-02 22:14
え?
なんですか、そのブラックアウトの間に画像を取り込んでるから
カメラ動かさないでね、って?
ブラックアウトの間にカメラを動かしたら、どんな画像になるのでしょう?
ぶれて写るんでしょうか、いや~、面白いですね。
カメラごとにいろんなルールがあるのはわかりますが、そういうのは初めて聞きました^^

リラックスタイム、わかりますその気持ち。
こうやって花に光を当てて露出を調整して角度を変えて、ってやってる時はほかのことはわすれてますもんね。
CLの写真、すごく素敵です^^
Commented by izumi-suzuki at 2019-04-02 23:54
gettemgさん・・・
お花の後ろに白バック用の白い布を広げて、その後ろから強い光を当てます。上からも当てます。
花びらがちょうど良く透けるまでプラス補正するのですが、その時の光量とのバランスがあるので、プラス補正の数値はケースバイケースだと思います。 補正値は1/3段階くらいで色々試してみるといいと思います。 今回のは +2 1/3 くらいだったと思います。
Commented by izumi-suzuki at 2019-04-03 00:05
nontan91さん・・・
電子シャッターで、センサーが CMOS の時に起こる特有の現象らしいのです。
ローリングシャッター現象とか動体歪みとも言うようです。
いわゆるブレとは違って、ピントは綺麗にあっているのに画像が流れるように歪みます。 ちょうどムンクの「叫び」の絵のような感じです。
X-1Dで電子シャッターの時は原則三脚使用ということなんだと思います。
レンズシャッターの時は手持ちでも綺麗に撮れますけれど・・・・
Commented by M at 2019-04-03 07:42 x
電子シャッターで動きの速いものを撮ると歪むのは知ってましたが、それがブラックアウトの時間に起こっているとは知りませんでした。
フジのカメラでもほんの一瞬瞬きしますがそのその時間なんですね。
とても勉強になりました。ありがとうございます。
Commented by voyagers-x at 2019-04-03 09:56
おはようございます ! !
カメラによって色々な作法があるのでしょうけど
何かを撮影するときにシャッター切ったら全て完了が当たり前に感じていましたが
動かしてはいけない時間があるのですね
うーん、ちょっと一瞬気を使いますね
でもそういう儀式のような操作も楽しめたらいいですね
Commented by tullyz1 at 2019-04-03 18:25
X-1で撮ったのかと思いました。中判なので
こういう写真も高解像度が活かせるでしょうね。
レンズシャッターなんですか。
まあライカもセンサークリーニングするときは、
すぐそこにセンサーが見えているわけですが、
普通の人は自分でクリーニングしないでしょうからね^^
シャッター幕が無いとゴミも付きやすいのでしょうかね?
ブラックアウトの間、動くなと!!^^
坂本龍馬の写真じゃないんだから^^
いろいろあるんですね^^
Commented by izumi-suzuki at 2019-04-05 21:40
Mさん・・・
フジの電子シャッターはかなりスピードが速いように聞いています。
ライカもそうですけれど、ハッセルもユーザーの使い勝手よりもメーカーの拘りのようなものが優先するところがあるのだと思います。
CMOSもだいぶ改良が進んできていますから、タイムラグがなくなるといいなと思うのですが・・・
Commented by izumi-suzuki at 2019-04-05 21:42
voyagers-xさん・・・
もともとハッセルの中判はストリートフォトを目的にしたカメラではないので、仕方がないのかなと思います。
ユーザー側も目的別にカメラを使い分けないといけないですね。
Commented by izumi-suzuki at 2019-04-05 21:48
tullyz1さん・・・
1、2秒なので、龍馬の写真よりはましかな?(笑)
レンズシャッターのついた純正のレンズを使えば問題ないのですけれどね。でも、せっかくハッセル出し、プラナーとかVマウントの優秀なレンズもたくさんあるので、使いたいですよね。
ストリートや動体を撮るカメラではないのだと肝に銘じることにしました。 M10-Pもあるのですから、使い分けていけばいいのですよね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by izumi-suzuki | 2019-04-02 20:02 | 日々の中から | Comments(10)