冬の終わり * 渡良瀬遊水池




b0267227_19255775.jpg




谷中湖の周りに広がる調整池は、冬は水が枯れて広大な葭原が広がっている。


その中を縫うように渡良瀬川と谷中湖を結んでいる水路に沿って歩いてみた。





葭原は野焼きで一掃されたしまうので、

こんな冬枯れの殺風景な風景も 後10日の命。



その後 春の訪れとともに 草原は一斉に芽吹きの季節を迎えます。















Commented by jimmyny at 2018-03-08 21:30
葭原と枯れ枝、これもいい絵になってますね。葭の茎の描写が綺麗です。
野焼きの風景、その後芽吹いた原の風景も是非みたいですが、この冬の色合い好きです。
Commented by tullyz1 at 2018-03-08 23:05
日本の風景ではないみたいですね。この渋い枯れた世界がいいです。
これが燃やされるわけですか。画になりそうな気もしますが、
火に囲まれてかなり大変な撮影になりそうな予感がします^^;
最近はCO2の削減とかで野焼きも減ってきていますね。
生きにくい世の中です。
Commented by izumi-suzuki at 2018-03-09 07:28
jimmynyさん・・・・

冬ならではの風景ですよね。
葭原ががさがさした感じにならないようにと思って撮りました。 
若草山の野焼きももうそろそろですか?  新しい芽吹きや草原を守るためといっても、ここに住んでいる鳥や動物達はどうするのか、本当は気になります。 こんな風に毛皮のように地面を守っている枯草も必要なんじゃないかと思える面もあるのですが・・・でも、芽吹いた後はまた勢いよく育っていくのでしょうね。
Commented by izumi-suzuki at 2018-03-09 07:45
tullyz1さん・・・・

そうですよね。ちょっとヨーロッパの田園のような雰囲気に撮れました。
最近はこんな葭原は珍しいですものね。

野焼きは遊水池では一番のイベントのようで、去年は7000人も人が集まったのだそうです。多分その大半がカメラマンです。 イベントの写真を見ると燃え上がる草原のまわりに無数の三脚が立っていました。
私にとっては、草原そのものが生き物のような気がしていて、赤い炎はちょっと凄惨なイメージです。
本当は美しい草原を保つためには必要なことなのでしょうが・・・・
4月の末から5月にかけての芽吹きの季節になったら、また訪れてみたいと思っています。
Commented by voyagers-x at 2018-03-09 10:31
おはようございます ! !
なんとも言えない雰囲気ですね
普通にクリアーに緻密な描写で撮ると当たり前の風景になっていたのかもしれませんが
線が柔らかくて少し霞んだ感じの優しい描写、どこか外国の風景な雰囲気ですね
Commented by minton at 2018-03-09 12:35 x
この場所を知りませんでした。
知らないことが恥ずかしいですが、こうしてブログを通じてこの年にして多くのことを学ばせて頂けることが嬉しいです。
Commented by tad64 at 2018-03-09 17:11
いい雰囲気ですね♪ 柔らかな色合いがなんとも言えず素敵です!
こう言う写真が撮れたらといつも思うのですが、思うだけで挑戦しないままです。(反省)
必ず今度は撮ってみたいです♪ 素敵なお写真を見せて頂きありがとうございました。
Commented by tad64 at 2018-03-09 18:56
2009年のNYを全て拝見させていただきました。
見ながら懐かしく思い出しております♪
Commented by izumi-suzuki at 2018-06-28 23:31
voyagars-xさん・・・・

本当に長い間 コメントにお返事できなくてごめんなさい。
春から母が体調をくずし入院したり、私もけがをしたりで、少し忙しくしておりました。

葭原というのは、東京近郊ではなかなか見ることのできない風景になりました。
葭は枯れると遠目にはフカフカと暖かそうな毛皮のような風情になります。近くに寄るとガサガサと固い枯草なんですけれど・・・
面白い被写体です。
Commented by izumi-suzuki at 2018-06-28 23:35
mintonさん・・・・

本当に長い間 コメントにお返事できなくてごめんなさい。
春から母が体調をくずし入院したり、私も怪我をしたりで、少し忙しくしておりました。

栃木県、茨城県、埼玉県、群馬県、4つの県の県境にある人工池です。
足尾銅山の鉱毒を沈殿させるために作った池ですから、当初はあまり綺麗な水ではなかったのでしょうけれど、自然の浄化力というのは凄いものだなとつくづく思います。

関東近辺にも知らないところが、訪れたことのないところがたくさんありますね。
Commented by izumi-suzuki at 2018-06-28 23:38
tad64さん・・・・

本当に長い間 コメントにお返事できなくてごめんなさい。
春から母が体調をくずし入院したり、私も怪我をしたりで、少し忙しくしておりました。

曇りの日は光が柔らかいので、こんな雰囲気の写真を撮るのにはいいです。
冬ならではの景色が撮りたいのですが、東京近郊はあまり雪もふらず、枯野の風景がほとんどです。 どうやって撮ろうかいつも悩みます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by izumi-suzuki | 2018-03-08 19:35 | 森の景色 | Comments(11)