タグ:Thambar 90mm f2.2 ( 16 ) タグの人気記事


2014年 10月 27日

meditations


雨に煙った木の陰から ふいに父が姿を現しそうで、  思わず目を凝らす。

ふうわりと包み込むような笑顔を見せて、
それから照れたように俯いて、まるでこちらに気づいてない風にすいすいと歩いてくる。

でも・・・ほんのちょっと瞬きした隙に そこにはもう誰もいなくて・・・・・

父が亡くなって一年。
懐かしい避暑地に家族でやって来たのに、何故か父だけがいないのが不思議な気がして実感がわかない昼下がり・・・

朝から降り続く小糠雨は 靄のように景色も意識も ぼんやりと曇らせる。




b0267227_21562853.jpg



[ LEICA-T  Thambar 90mm f2.2 ]






  

by izumi-suzuki | 2014-10-27 21:59 | 日常 | Comments(16)
2014年 07月 10日

Once upon a time

     「 昔々 あるところに 魔法にかかったお城がありました・・・・・」

     今日のは そんなイメージで   Once upon a time・・・・・・・・・



b0267227_028154.jpg




     マクロアダプターを手に入れた時から Thambarで寄った写真を撮ってみたくて・・・・

     レンズの距離計は無限の位置、アダプターのヘリコイドはまったく繰り出さない状態で、ワーキングディスタンスはだいたい45センチくらい。


     ソフトフォーカスだから、いわゆるマクロ的な撮り方には向いていないけれど、独特の雰囲気の写真になりますね。




[ LEICA M-type240  Thambar 90mm f2.2  Macroadapter-M  ]

by izumi-suzuki | 2014-07-10 23:16 | * Gallery  | Comments(14)
2014年 01月 15日

越前 東尋坊にて

先日の投稿の 「穏やかな海」 の風景は 実は、越前 東尋坊で 写したものだったんです。

ちょっと不本意な意味で有名な、サスペンスドラマの舞台になる・・・・あの東尋坊・・・・

ところが・・予想していた雰囲気とイメージが全然違ったんです。
海って、いろいろな顔をを持つのだとつくづく感じました。


同じ日に撮ったものだけれど、こちらは少し 「冬の日本海」 らしいかな?

でも・・・・・やっぱり、荒々しい感じには欠けていますね。



b0267227_18333036.jpg



[ LEICA M summilux M-35mm f1.4 ]



この日は 波が穏やかだったので、観光客も かなり大胆・・・・・・

みなさん 気を付けてね~!!!




b0267227_18351934.jpg






b0267227_18361932.jpg





[ LICA M Thambar 90mm f2.2 ]

by izumi-suzuki | 2014-01-15 18:47 | おでかけ編 | Comments(12)
2014年 01月 02日

Fancy meeting you here !!

題字の “Fancy meeting you here !!”  は、「まぁ、こんとなところでお目にかかるなんて・・・」
みたいな意味です。


人と人との繋がりって、たくさんの Fancy meeting から生まれるんですよね。

偶然と幸運とご縁と、色々なものがいっぱいミックスして、人と人との出会いになるんですもの。
大切にしていかなくっちゃね。


今年も・・・・誰もが 素晴らしい Fanncy meeting に恵まれますように・・・と願って・・・・・・・・・・



b0267227_1291770.jpg



このおばあちゃまとお嬢さん方の関係って、どんなかなぁ? って想像すると、いろんなイメージが膨らむなぁと・・・・ちょっと嬉しくなりました。

楽しそうな笑顔と、そこにたまたま居合わせてカメラを向けていた私の偶然と・・・・ちょっぴり幸せ気分に浸ったショットです。



***********

去年の秋に、かなり衝動的に LEICA M を買ってしまいました。

父の納骨の為に、京都の妙心寺に出かけた時に、新しいLEICA M に summilux 35mm f1.4 と Thambar 90mm を持って出かけました。
これは その時に清水寺の付近で写した1枚です。

M と、Thambar の相性、どうでしょうね?

私的には、 M8のほんわかした描写が やっぱりThambarに一番合うのかなぁとも思いましたが、 Mの現代的な描写に 古いレンズを試していくのも 結構楽しいです。






[ LEICA-M Thambar 90mm f2.2]

by izumi-suzuki | 2014-01-02 12:31 | * Gallery  | Comments(28)
2013年 03月 28日

in the bloom of beauty



b0267227_1491354.jpg



今日の桜は あまり言葉はいらないですね。
目黒川の桜です。 



[ M8 Thambar 90mm f2.2]





 

by izumi-suzuki | 2013-03-28 00:29 | お散歩編 | Comments(16)
2013年 03月 24日

輝やいて・・・・春・・・・

ずっと寒かったのに・・・・・急に暖かくなって、いきなり春になった。

予想より、二週間も早い 桜の開花・・・・・東京は、あっという間に満開の桜の海の中。



桜が咲いたら、Thambarで撮ろうって、ずっと前から決めていた。
    桜の花は Thambar に一番似合う花のような気がして・・・・・


VIVA !!!  春の精霊達・・・・・さあ、輝いて・・・・・・・・・・・・・・・


b0267227_23451144.jpg


[M8 Thambar 90mm f2.2]

by izumi-suzuki | 2013-03-24 23:48 | お散歩編 | Comments(16)
2013年 02月 24日

letter from Spring

     春の訪れを知らせる花は 黄色い花が多いように思う・・・

     マンサクの花であったり、福寿草だったり、菜の花だったり・・・

     梅の花の中でも 早々と満開になって、芳しい香りを放つ “蝋梅”

                (本当は、梅の仲間ではなくて クスノキ科の樹なんだけれど)



                
b0267227_5392361.jpg





     中国からやってきたファミリー・・・・お婆ちゃんが一生懸命話しているのに お孫ちゃん達が笑い転げている。
     どうしたのかなと思ったら、中国語で “蝋梅” は “ラーメイ” と発音するんですね。

     子供達には、それが “垃麺”って聞こえるみたい。

     子供の発想は 万国共通で たわいなく・・・そして 屈託がない・・・・・・ 





[M8 Thambar 90mm f2.2]









                        

by izumi-suzuki | 2013-02-24 05:49 | おでかけ編 | Comments(14)
2013年 02月 20日

in my luaxurious time

     今の私にとって  最高の贅沢は   自由気儘に無駄な時間を費やす  ということかもしれない。

     「しなければならないこと」 も 「何時まで」 もない・・・・・究極の freedom

     そんな休暇をとりたくて訪れた  温泉街で、



お宿の書斎で、珈琲を飲みながら 好きなだけ本を読んで過ごす午後・・・・・

b0267227_22113429.jpg





日だまりの中で、ホカホカに湯気の立つ温泉まんじゅうなどをいただき・・・・・・

b0267227_21584431.jpg





誰もいない露天風呂で、ひたすら 海のキラキラを眺めて過ごす・・・・

b0267227_220265.jpg



そして・・・・無駄な時間は、 決して 私にとっては無駄ではない と、思い直したりして・・・・

b0267227_22232445.jpg





[M8 Thambar 90mm f2.2 summilux-M35mm f1.4]




   

by izumi-suzuki | 2013-02-20 22:02 | おでかけ編 | Comments(14)
2013年 02月 18日

Spring is coming soon!!!

b0267227_8504512.jpg

[M8 Thambar90mm f2.2]


熱海の梅園に行く途中で立ち寄った、糸川沿いの遊歩道・・・

ここは通称「熱海桜」と呼ばれる寒桜の名所です。
今の時期、ほぼ満開。
有名な河津桜よりも早く春がやってきて、冬の終わりが近づいていることを知らせてくれます。



b0267227_8583062.jpg

[M8 summilux-M35mm f1.4]

by izumi-suzuki | 2013-02-18 09:00 | おでかけ編 | Comments(18)
2012年 11月 18日

夢の記憶

目が覚めた時、夢の記憶の断片だけが頭の隅に残っていた。

あれは何処だったのだろう・・・・

私と歩いていたあの人は、いったい誰だったのだろう・・・・
それとも・・・見知らぬ誰かと歩いているその人を、私自身が見ていたのだろうか・・・

思い出そうとしても夢の記憶は形にならなくて、朝の光の中に溶けていくように次第にその姿を失っていく。
b0267227_0152668.jpg

[M9 Thambar 90mm f2.2]

by izumi-suzuki | 2012-11-18 00:17 | * Gallery  | Comments(12)