<   2012年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧


2012年 10月 31日

Nostalgia

ストラスフォード・アポン・エイボンを流れるエイボン川・・・・・
田舎町の夕暮れは静かに更けて、シェイクスピアの街からは次第に音が消えていく・・・・

b0267227_1803078.jpg

[NIKON F3T  NIKKOR-N 24mm f2.8 ]

この写真は、6年程前にイギリスで撮影したカラーネガなのですが、フィルムの保管状態が悪くかなり退色していて・・・それで、思い切って現像の時に彩度を10% まで落としてみました。
コントラストの強かった芝生のグリーンだけがわずかにカラーの痕跡を残し、カラーでもないB&W でもない不思議な雰囲気の写真になりました。
この不思議な色彩が、静かな田舎町の夕暮れに似合っているような気がします。


シェイクスピアは、ロンドンから列車で2時間程の田舎町、ストラスフォード・アポン・エイボンの皮手袋職人の子として生まれ、幼・青年期を過ごしました。
ロンドンのシェイクスピア劇場の名前、“グローブ座”は、おそらくこの父の生業にちなんだもの思われます。

400年ともう少し昔・・・若きシェイクスピアは、夕暮れの風の中、このエイボン川の畔を散歩しながら戯曲の構想を練っていたのかもしれませんね。
現在は川の畔にはハウスボートが並び、水上生活を営む人々の生活の場でもあります。

by izumi-suzuki | 2012-10-31 18:23 | 2006.09 in England | Comments(16)
2012年 10月 26日

ほっこりタイム

家の近くの和食屋さんで・・・・

フルーティーな味わいの冷酒が飲みたいなってリクエストしたら、マスターがとっておきのを出してくださった。
三重県名張の「而今」・・・・・・千本錦というお米を使った純米吟醸だそうです。

ワイングラスについでくださったのでびっくりしたけれど、納得!!
この日本酒は、それはそれは香り高く、まるでワインのように芳醇な佇まい・・・・・・

b0267227_22425792.jpg


「一人酒じゃないんだから・・・」って、ダンナが自分のを並べたので、とりあえずツーショットでいきますか・・・

ダンナはいつもの“お芋のお湯割り” ・・・これもマスターのお奨めで、宮崎県の「川越」
私のお燗は・・・・「神亀・冷やおろし」

・・・・??・・・冷酒じゃなかったの?  な~んて聞かないで・・・・それは、さっきのでしょ?

b0267227_22583896.jpg


[M9 MS-OPTICAL-R&D SONNETAR 50mm f1.1]

  





b0267227_2311875.jpg
中目黒の和食ダイニング “IZAYA”
美味しいお料理とお酒を楽しめます。  ここでしかいただけない珍しいお酒も・・・・

お店の紹介はこちらから・・・・







by izumi-suzuki | 2012-10-26 23:10 | おでかけ編 | Comments(18)
2012年 10月 25日

illusion on the glass

朝の光の中で、ちょっと遊んでみる・・・・・
窓辺にガラスのテーブルを運んで、その上にRollei を置いて撮ってみた。

ガラス越しの光、レース越しの光、ガラスに反射した光・・・・それぞれが競演して、いろいろなものを写しだす。
これは本物のillusion・・・・・・・
どこからが現実でどこからが虚構の世界かわからない。

“マジック”か“幻覚”か・・・・どちらの意味のillusion だろう。
b0267227_15425582.jpg

[ Rolleiflex 2.8F Planar 80mm]

by izumi-suzuki | 2012-10-25 15:43 | * Gallery  | Comments(14)
2012年 10月 24日

Dr.Vranjes

代官山のフレグランスのお店・・・・Dr.Vranjes (ドットール・ヴラニエス)
フィレンツェのルームフレグランスの専門店です。

リビング用に“Rosso Nobile” というフレグランスを買っちゃった・・・
これは、フレグランスとしてはとても珍しい、赤ワインをモチーフにしたもの。

ストロベリーとブラックベリーを基調に、スミレとバラの薫りをミックスし、それにワインのタンニンの薫りを加えたとても複雑でユニークで気品高い香りです。
お部屋いっぱいがフルーツとお花と,かすかなワインの薫りにつつまれて・・・・幸せ気分になる・・・・
b0267227_13564151.jpg



Dr.Vranjes のご案内はこちら・・・・・


そして・・・我が家のリビングの片隅で・・・“Rosso Nobile”
b0267227_1684691.jpg


[M9 MS-OPTIKAL-R&D SONNETAR 50mm f1.1]

by izumi-suzuki | 2012-10-24 13:57 | * Gallery  | Comments(8)
2012年 10月 22日

一人ぼっちのお星様

ショウウィンドウの中の、白い和紙で作られた“お星様”・・・・ガラス越しの光の反射で虹色に輝いていた。

こんなところで、何しているの?  一人ぼっちのお星様・・・

b0267227_1252686.jpg

[M9 MS-OPTICAL-R&D SONNETAR 50mm f1.1]


Angenieux とKINEPTIK をMマウントへ改造していただく為に宮崎光学の宮崎貞安さんに電話を入れたのは、今年の7月半ばだった。
その時に、シネマレンズの話から好みのレンズの話になって・・・・「被写体が光のベールを纏ったような柔らかいフレアが入るレンズが好き」とお話しすると、「それは、今僕が作っているレンズそのものだから、出来上がったら送ってあげるよ。」というお返事・・・・・

それから待つこと3カ月、やっと待望のレンズが完成したというお電話をいただいて、程なく我が家に小包が届いた。

それが、この、SONNETAR 50mm・・・・・
開放F値が1.1という大口径にかかわらず、昨今珍しいゾナータイプの設計であるから、軽量コンパクト。
なんと・・・・・190g・・・・

f1.1から2.0くらいまでは、柔らかくてフレアがいっぱいの大好きな描写
f2.8以上では、かっちりとクリアな描写、いい手ごたえ
そして、190gのフットワーク・・・・

オール手作りなので量産はできなくて、今回はまず90本作られたとのこと。

できたてほやほやの、初版本のようなレンズを持って街に出てみたけど・・・・何を撮ろうかな?
せっかくの f1.1 なので、どうしても最初の一枚は開放で撮りたくて・・・・・・・ウィンドウの中に見つけたのがこのお星様でした。

by izumi-suzuki | 2012-10-22 23:22 | * Gallery  | Comments(12)
2012年 10月 19日

ふと 目を上げて・・・・・

午後の緩やかな光の中で本を読みながら・・・ふと 目を上げて、ぼんやりする・・・・・・

なんとなく、静かに過ぎる時間が好き・・・・・

b0267227_23325671.jpg

[M9 summilux-M50mm f1.4 ASPH.]

by izumi-suzuki | 2012-10-19 23:33 | 日常 | Comments(8)
2012年 10月 18日

幸せの青い鳥

近所に住む、大学生のH君・・・・彼は私の診療所の患者さんなのだけれど、実は 3.11の震災で家族を失った・・・・
明るく健気に頑張るH君・・・・・・最近、診察の時に可愛い女の子が一緒にやってくるようになった。
良かったねって、思わず声ををかけたら、真っ赤になってはにかんでいたH君

今日も、H君のアパートの前に停まっている白い自転車・・・・

幸せの青い鳥・・・・・君のところにも来たんだね。

b0267227_14253565.jpg



これはイメージで探して撮った写真です。 プライバシーの問題もあって実物の自転車の写真を撮る訳にはいかなかったんです。  
すみません。いいお話だったので、皆さんにお知らせしたくて・・・・


[M9 KINOPTIK PARIS 32mm f1.9]

by izumi-suzuki | 2012-10-18 14:26 | お散歩編 | Comments(12)
2012年 10月 17日

今日は栗ご飯・・・

八百屋さんで、大きな丹波栗を見つけたので、今日は栗ご飯!!
でも・・・剥くの大変なんだなぁ・・・・
ベランダで秋の風に吹かれながら、黙々と・・・・美味しいご飯の為に・・・・
b0267227_12115088.jpg

[M9 summilux-M50mm f1.4]

by izumi-suzuki | 2012-10-17 12:12 | 日常 | Comments(12)
2012年 10月 16日

眼差し

赤ちゃんの三大栄養素・・・・それは、“ミルク”と“お日様”と“ママの優しい眼差しで見つめられること”・・・・・

b0267227_2254785.jpg

[Rolleiflex 2.8F]

by izumi-suzuki | 2012-10-16 12:12 | お散歩編 | Comments(6)
2012年 10月 15日

Memory

大人になっても、君は覚えているだろうか・・・・・・パパとママと三人、公園で虫捕りした時のこと・・・・・・・・・

夜になるとあんなにコオロギの声がしたのに、都会の公園じゃ探してもバッタなんて全然いなかった。
つまらなくなった君は、原っぱの中で手当たり次第に棒切れを振り回して、ママに叱られちゃったね。

それから、三人で原っぱの草の中を行進したんだ。
先頭はママ、真ん中はすっかりショゲちゃってまだうな垂れてる君、しんがりはパパ・・・

夏の間に君の背丈程伸びた草はそよそよと君の頬っぺたをくすぐり、乾燥した葉っぱの匂いがしていた。
叱られた後のちょっぴり塩辛い涙のかけらを、やわらかい秋風が乾かしてくれたね。

大人になっても、君は覚えているだろうか・・・・・・・

b0267227_9251539.jpg

[Rolleiflex 2.8F]

by izumi-suzuki | 2012-10-15 09:27 | * Gallery  | Comments(6)