2017年 05月 23日

華やかな幕引き




b0267227_08103591.jpg




前回の写真から1時間と少し・・・


四方八方から薄雲が広がって、湖からは靄が立ち込めて

次第にフェードアウトしていたのですが、




最後の最後に、厚くなってきた雲の隙間から光が差し込んで、


この日のフィナーレになりました。




さすがに日本を代表する山ですから、ちょっとしたエンターテイナーです。








*******






by izumi-suzuki | 2017-05-23 08:20 | * Gallery  | Comments(8)
Commented by voyagers-x at 2017-05-23 09:14
おはようございます ! !
時間が過ぎていくと、風景が少しずつ変わって
色々な表情を楽しめますね
光芒が綺麗ですね
シルエットの中の山が素敵な雰囲気ですね
Commented by minton at 2017-05-23 10:43 x
二重にしたレースのドレープに隠れるように富士。そんな雰囲気の一枚ですね。
湖面に反射する木々も美しいです。
Commented by izumi-suzuki at 2017-05-24 11:18
voyagers-xさん・・・・

ありがとうございます。
風景を相手にしていると、時間の経過、お天気、光の感じ、様々な条件の変化で、表情が全く変わることにいつも驚かされます。
そういう一瞬一瞬に出会えるのも、写真を撮っているおかげかなぁと感謝したくなります。
Commented by izumi-suzuki at 2017-05-24 11:21
mintonさん・・・・

あっ、本当に・・・レースのベールみたいに見えますね。
mintonさんの審美眼はとても素敵で、その巧みな表現に新しい発見をすることが度々あります。
自然の表情は一瞬たりとも同じではないので、いつも一期一会を実感しています。
Commented by tullyz1 at 2017-05-24 21:19
神々しいですね。
微妙な色が墨絵のようです。
ふわっとした富士山とは対照的に
細かな木々の描写が素敵です。
Commented by sacra fragola at 2017-05-26 21:16 x
こんばんは。
自然相手だと辛抱強く待たないといけないので大変ですね。
私は気が短いので、ひとっ所に留まっていられず、自然系はカラッキシです。
しかし、富士山を撮るというのは本当に骨が折れる事なんですね。
こんな難しい被写体は、私は一生相手にしないと思います。
IZUMIさんを尊敬しますよ。
Commented by izumi-suzuki at 2017-05-27 13:38
tullyz1さん・・・・

光芒が出ると、同じ場面でも雰囲気が変わりますよね。 うまい具合に演出してくれるとちょっと嬉しくなります。
富士山って存在感があるので、何かさらにプラスアルファが欲しくなってしまうんです。へそ曲がりなので、富士山以外が主役で、富士山はそれに花を添えるみたいなのが理想です。おっ、君もいたのかぁ・・・みたいな。(笑)
Commented by izumi-suzuki at 2017-05-27 13:49
sacra fragolaさん・・・・

そうなんですよ。自然相手に満足いくようなのを撮りたいと思うと、ほとんど釣り人の心理です。
でも、実は、私もすごく気が短いので、じっくり撮るのは苦手なんです。だからいつも中途半端です。 
三脚は使うけど、重いから運ぶのが嫌で、車から降りて歩かないでパッパと撮るのが理想です(笑)

ストリートショットの時も、写真家さんによっては、ちょうどよいイメージの人が通るまで20分待ったなんて話も聞くので、ストリートで風景でも、本当は気が長い方がいいのかなぁと思うけど・・・・でも、パッパと決断して撮っちゃうというのも潔くて、本物の一期一会かなとも思います。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 新緑に遊ぶ      朝霞 >>