2016年 08月 20日

the Lake in my memory



b0267227_18141569.jpg


私の記憶の中の「白駒池」は、国道から苔むした森の中を分け入ったその先にある 誰も人のいない 静かで神秘的な湖だった。

けれど、20年たって再び訪れた「白駒池」は

国道脇の巨大な駐車場に 大型の観光バス。 苔の森は柵がはられ、なんとなくカサカサと乾燥していて、湖は観光客の喧騒の中にあった。


ひどくがっかりして、それでもカメラを向けてみる。

ファインダーの中にだけ再現された 昔のイメージの湖。  この湖の持つ 人の棲む世界ではないような不思議な雰囲気・・・伝わるだろうか。





*******


by izumi-suzuki | 2016-08-20 18:31 | おでかけ編 | Comments(12)
Commented by tullyz1 at 2016-08-20 21:00
白駒池ですか。紅葉の池のイメージですが、
シルエットになっていたのでわかりませんでした。
そうそう、私も一昨年行ったときは苔がカラカラで
以前の原生林のイメージはなかったです。
バスは見なかったですが、それでも相変わらず車は多かったですね。
最近は雨が少ないのでしょうかね。それならどうしようもないのですが。
そのがっかり感、よーくわかります。
Commented by cobag2 at 2016-08-20 21:45
そうですか、ファインダーの中の白駒池は20年前の侭だったのですね^^
この池の持つおどろどろしたオーラは十分伝わって来ます、
こういうところはあまり観光化して欲しくないものですね^^;
Commented by roxanne6 at 2016-08-20 21:50
麦草峠は車もそんなに一杯止められなかった気がしていたのですが、そんなに人が増えていましたか
高見石への苔むした道も段々変わってしまっているのですね
Commented by sacra fragola at 2016-08-20 23:00 x
こんばんは。
この池、私も御射鹿池を見に行った帰り道寄りました。
私も行ったタイミングが悪くて(紅葉)、完璧に観光地でした。
山歩きのお年寄りも凄い数で、ゆっくり写真など撮れる条項ではありませんでした。
国道も大渋滞で、もう2度と来ないだろうと思ったぐらいです。
これから暇な老人が増えると、遠からずどこもこういう状況になるのでしょうね。
残念ですが、これも自然の成り行きなのでしょう。
Commented by jimmyny at 2016-08-21 09:24
キャプションを拝見せずに拝見したら、静かな神秘的な池の良いショットだと思います。
車でやってくる観光客を誘致するためにアクセスと駐車場を整備してしまうと、もう元の
自然は破壊されてしまうのですね。悲しいことです。
Commented by izumi-suzuki at 2016-08-21 13:16
tullyz1さん・・・・
tullyz1さんも、苔の森が乾燥してきていると感じていらしたのですね。やはり天候のせいでしょうか?
数年前に弟が白駒池を訪れた時に、池の水位がとても低くなっていると言っていたんですよ。今回の訪問ではそれほど水が減っているようには感じなかったけれど、全体にこの地域の水量が減りつつあるのでしょうか?
森は、イメージ的に普通の森になってしまってきているような気がします。屋久島の森のような水に潤ったしっとりとした趣はまったくないですね。梅雨の時期とかに行かないとだめですね。
Commented by izumi-suzuki at 2016-08-21 13:22
cobag2さん・・・・
おどろおどろしたイメージ、感じていただけて嬉しいです。
白駒池は龍神が棲んでいるような、妖艶な神秘的な雰囲気が特徴だったから、それが失われてしまうと、ただの観光地の小さな池になってしまいます。
美味しいレストランもそうですよね。お気に入りは人に知られずに独占したいというのは我儘かもしれまんせんけれど・・・・知れ渡って行列が出来たりすると、がっかりして魅力が半減してしまうのも確かです。
Commented by izumi-suzuki at 2016-08-21 13:30
roxanne6さん・・・・
麦草峠を越してすぐの、白駒池入り口にものすごく大きな駐車場ができていました。昔は路上駐車してたようなきがしますけれど・・・・

今回、高見石小屋まで登ったのですが、登山道が荒れていてびくりしました。八ヶ岳もメインロードはいつも賑わっていて登山客もたくさんだから、登山道も山小屋もどんどん整備されてきていますが、北八が岳方面はあまり人が来ないのかなぁ・・・

高見石小屋もアルバイトのお兄さんばかりで、親切で感じは良かったけれど、登山道の整備にまでは手が回らない雰囲気だったから仕方ないのかな?

人が来るところは観光地化してしまい、来ないところは荒れたまま放置されている感じで、現代社会の縮図そのもでした。
Commented by izumi-suzuki at 2016-08-21 13:41
sacra fragolaさん・・・
それはそれは・・・・紅葉の季節だと、さぞかし大変な混みようだったろうと想像されます。

今回本当にびっくりしたのは、大型の観光バスがぞろぞろ降り立った観光客が日本語ではなかったこと。こんなにマイナーな場所にまで団体でいらっしゃるようになったのかと、感心するやら驚くやらです。
紅葉の季節になったら、秋葉原並みになってしまうかもです。

ご老人といえば・・・私達の後ろを歩いていたおじいさまが、どうやら親戚か知人の人たちを案内していらっしゃったようで、「本当はこんなところじゃないんですよ。こんなにうるさくっちゃ鳥の声も聞こえない。」ってず~~~っと道すがら怒っていて・・・気持ちはわかるけれど、この人の声が一番うるさかった・・・(笑)
Commented by izumi-suzuki at 2016-08-21 13:47
jimmynyさん・・・・
ありがとうございます。
薄暗い森閑とした雰囲気だったはずの池なのに、妙に明るくて、かさついたイメージの池に変貌してしまっていて、どうやって撮ろうか悩んじゃったのです。 この写真は夕暮れとかではなくて、お昼の12時頃。 逆光にして、露出をものすごくアンダーにして、無理やり演出した写真です。
そういう撮り方って、いいのか悪いのかよくわからないけれど、どうしても「私の白駒池」の写真にしたかったので・・・・

お気に入りだった場所が荒れていくのを見るのは、本当に残念な気持ちがします。
Commented by minton at 2016-08-22 18:33 x
白駒池がそんなふうになっているんですか!!
かなり歩く印象がありました。
東信にでかけたら一度寄ってみたいと思います。
ここは秋口の紅葉が綺麗ですよね。
見せたいという地元と楽に見たいという観光客の意見でそんなふうになっちゃうんですね。
Commented by izumi-suzuki at 2016-08-23 01:46
mintonさん・・・・
今でも15分くらいは歩くのですが、万人が訪れやすいように整備した感じです。
昔の森の中を分け入る雰囲気ではなく、どこかの神社の参道のような広い道です。

時期によっては閑散とする時もあるのかもしれませんが、秋の紅葉を狙うと、やっぱり観光バスが来ている可能性がありますね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< Advanced City      Galaxy in the S... >>