2016年 07月 13日

溜息の朝


b0267227_14311442.jpg



[ M type240 Hektor 135mm ]



雨の日は、嫌いじゃない・・・・

でも、楽しみに楽しみに温めていた計画がある朝は別。


この日は 本当は マウンテンバイクで峠に上って 雲海を撮影に行く予定だった。

何か月も前から計画して、宿をとって、準備していたのに・・・・・朝起きてみたら、しっかり本降りの雨。



何度も溜息をつきながら、窓から霧に煙る景色を眺める。

よく考えたら、この景色もまんざらでもないけど・・・・見渡す限りの雲海を見たかったな。


遠くに煙っているのは、八海山です。




*****

by izumi-suzuki | 2016-07-13 14:41 | * Gallery  | Comments(12)
Commented by micro43 at 2016-07-13 15:59
こんにちは
落ち着いた色合いのレンズですね
持っているから見ましたらHektor 13.5cmでVISO用でした
ほとんどマクロとして撮影しています
M9-Pには取り付けられないので何とかして撮影してみます。
Commented by tullyz1 at 2016-07-13 18:36
期待に胸膨らませて臨んだのでしょうが、この時期は仕方ないですね。
車で行ける場所ではないのですね。
箱根も雨と霧の毎日でした。
この景色もまんざら捨てたものではないと思いますけどね。
雲海は難しいですね。雲が高ければ何も見えませんし^^
夏の美ヶ原高原も何も見えない日が多いです。
Commented by swingphoto at 2016-07-13 21:04
あっ、、、SLがいつの間にか。。。
Commented by cobag2 at 2016-07-13 21:35
でもこの湿り気のおかげで随分と絵画的な落ち着いた雰囲気のカットになってますよ^^
こういうお写真、わたしは好きです。
Commented by izumi-suzuki at 2016-07-13 22:24
micro43さん・・・
私のはLマウントで、普通にRFで使えます。でも、望遠はMシリーズのカメラでは苦手なのであまり使ってなかったんです。ピントが甘くて評判がイマイチのレンズですけれど、こういうシチュエーションではうまくはまるようですね。
Commented by izumi-suzuki at 2016-07-13 22:29
tullyz1さん・・・・
ちょっと期待しすぎちゃって、その分だけがっかり度も大きかったです。
11月くらいまで、雲海がよく見られるそうなので、また挑戦してみようかなと思っています。マウンテンバイクも楽しそうだし・・・
箱根の霧・・期待しています。早く見せていただきたいです。(#^^#)
Commented by izumi-suzuki at 2016-07-13 22:36
swingphotoさん・・・
そうなんです。 SLですよぉ。 すっごく使いやすいんですよ。
レンズが馬鹿でかくて重いですけれど、カメラ本体はそれほどでもなく、シンプルでとても操作しやすいです。
期待通りの細やかさ、大胆さ、趣を兼ね備えたLEICAの秀逸なカメラだと思います。
私の腕では、その素晴らしさをどのくらいお伝えできるか疑問ですけれど、頑張ってアップしていきますね。
Commented by izumi-suzuki at 2016-07-13 22:39
cobag2さん・・・・
そう言っていただけると、少し慰められますけれど・・・雄大な雲海とマウンテンバイクの冒険をすごく楽しみにしていたので、がっかり度は半端なものではなかったんです。(笑)
まぁ、次の機会もありますから・・・・チャンスを待つしかないですね。
Commented by voyagers-x at 2016-07-14 09:16
おはようございます ! !
朝もやとか朝霧の光景は素敵ですね
森が夜の闇から静かに目覚めたという雰囲気
静寂な森に朝が来たというフレッシュな爽快感を感じますね
それに幻想的ですね
九重の方に行った時、午後だったかな
霧が出てきて車でゆっくりと走っていたら
道路の真ん中に鹿が立って、こっちを見ていました
素晴らし幻想的な光景でした
あー写真撮りたかったけど撮れなかった ^^;

Commented by minton at 2016-07-14 16:22 x
マウンテンバイクでカメラ担いでヒルクライムですか!!
すごい行動力です。
生憎の雨ですが、こんなに素敵な一枚が撮影できたのだから、まんざら雨も悪くないですね。
Commented by izumi-suzuki at 2016-07-14 17:50
voyagers-xさん・・・・
霧の立ち込める道路の真ん中に鹿が立ってこちらを見ているなんて・・・・なんて、幻想的な情景でしょう。
写真には撮れなくてても、voyagers-xさんの心の中に一生美しい思い出として焼き付いているのでしょうね。素敵だなぁ。
千住博さんの版画で、朝靄に木漏れ日の射す森の中に鹿が立っているのがあって、ずっとその情景が忘れられません。そんな写真がいつか撮れたら嬉しいけど・・・・
Commented by izumi-suzuki at 2016-07-14 17:57
mintonさん・・・・
そうなんです。気持ちだけはタフなんです。(笑) 本当は案外ヘタレなんですけど・・・・
でも、車に折り畳みのマウンテンバイクを積んでおくと、撮影の時に結構便利ですよ。

生憎の雨でしたけれど、この朝靄の景色は神様のプレゼントだったかもしれないですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< Another Dimension      Little Forest i... >>