2015年 06月 11日

雨上がり

ひとしきり雨が降った後は 色彩がひときわ鮮やかで、木の肌もしっとりと艶やかだし、湿った地面の陰影も美しい。


風に薫る緑も濃厚な中 降り込められたやるせなさから解放されて 妙にウキウキした気分ででかけてみる。



でも・・・・こんな素敵なロケーションで こんな楽しい気分なのに、座れないんだなぁ・・・・びちょびちょで・・・・・(笑)


いいような 悪いような 雨上がり。



b0267227_23334192.jpg

[ LEICA M type240 SUMMILUX-M 24mm f1.4 ASPH. ]

by izumi-suzuki | 2015-06-11 23:41 | おでかけ編 | Comments(16)
Commented by tullyz1 at 2015-06-12 00:14
雨上がりのこんな場所はいいですね。
マイナスイオンいっぱいに吸い込んでリフレッシュできそうです。
空気中のちりも洗い流されて、光もきれいですしね。
雨上がりは素敵な被写体が多いのに、あまり出かけないのも事実かもしれません。
足もとも悪いし、滑ったらカメラを落としそうだし^^
暑くなる前にもっと写真を撮らないといけないんですが
ブログのネタがあると思うと、つい出不精になってしまいます^^
Commented by sacra-fragola at 2015-06-12 01:59
こんばんは。
雨上がりは埃が綺麗に流されて、空気が本当に綺麗に感じます。
まあ、自然のお風呂というか?シャワーを浴びた状態ですね。
確かに、座れません。
240とSummilux24㎜Asph.という組み合わせは色被りありませんね。
しかし、ここ結構緑深い場所ですね・・・
Commented by lux164 at 2015-06-12 05:00
> しっとりと艶やか
まさにそうですね。雨上がり直ぐは気分良好です。
晴れていてもベンチには座らないので気にならないです。
マイナスイオンたっぷりの素敵な写真です。リフレッシュさせていただき感謝です。
Commented by voyagers-x at 2015-06-12 10:18
おはようゴザイマス!!
シットリした透明感がある写真ですね
ズミルックスのキレの良さが臨場感を出してくれてるのかな
ちょっとした光景をまるごと撮りやすい画角ですね
広角なので最短撮影距離も35mmよりはもっと短いのですか?
うーん…….こういうレンズ1本欲しい^^;

Commented by cobag2 at 2015-06-12 22:39
この季節、緑がとっても綺麗に見えますね^^
熊野でもお天気に恵まれてずっと緑に囲まれてきました、
ズミの広角は ASPH でますますパフォーマンスが宜しいですね。
素敵なスナップショットです!
Commented by minton at 2015-06-13 08:34 x
雨上がりはすべての色が新鮮で、色が湧き上がってくるようです。
座れないベンチはちょっと我慢してでも、ベンチの場所まで行きたくなりますね。
Commented by roxanne6 at 2015-06-13 08:56
新兵器ですねぇ、忘れられた24ミリから新レンズ登場ですがいかがですか?
Commented by swingphoto at 2015-06-13 20:37
ライカらしい描写ですね。
Asph.でも、球面でも
何でこんな個性を出せるんでしょうねえ。
日本のレンズ何で個性がないんでしょうか?
Commented by izumi-suzuki at 2015-06-18 00:51
tullyz1 さん・・・
こんばんは。いつもコメントをありがとうございます。
雨上がり、ぜひお出かけになってください。 tullyz1 さんなら、きっと素敵にフォトジェニックなシーンを見つけられるのでは?
ブログ用に少しストックがたまると、な~んだか安心していろいろ億劫になりますよね。 その感じ、よくわかります。 どの順番で載せようかなって思案してる時が一番幸せですね。
Commented by izumi-suzuki at 2015-06-18 00:56
sacra-fragola さん・・・
こんばんは。コメントをありがとうございます。
そうですね。このレンズは画角的にもすごく使いやすくて、色被りも全くないように思います。それに、現行レンズとしては割合に柔らかい描写のような気がします。
ここの場所は、先日アップした(↓)柿田川湧水の公園の中です。だから緑が濃いのかもしれませんね。
Commented by izumi-suzuki at 2015-06-18 00:59
lux164 さん・・・
こんばんは。コメントをありがとうございます。
リフレッシュしていただけて嬉しいです。
私はベンチがあるとすぐ座りたくなる人です。 特に眺めが良かったり、木陰で気持ちよかったりするとずーっとボンヤリ座っていたくなります。 本来はあまり活動的ではないのかもしれませんね。
Commented by izumi-suzuki at 2015-06-18 01:25
voyagers-xさん・・・
使いやすいですよ~。この24mm。
おっしゃるように、気に入った風景を見たままに丸ごとすっぽり画に納める感じです。 私は普段は35mmが一番使いやすくって、すごく自然体で撮れる感じがしているのですが、旅行の時などに建築物や広い風景を撮りたい時には35mmだと少し欲求不満気味になるので、そういう時は24mmを付けっ放しになります。 父が24mmをいつも持ち歩いていたので、刷り込まれちゃったのかな? (笑)
でも、24mmでもf1.4まで開けられるので、結構きれいにボケが入ります。
残念ながら他社のレンズと違って、広角になってもsummiluxの撮影最短距離を頑固に70cmって決めてるみたい・・・・このレンズも右へ倣えです。

広角で寄れるとしたら、私の持っているレンズの中で、トリエルマー16-21mmだけは、16mmでf22にした時(被写界深度の関係で)30cm以下の距離にもピントがあっていることになっています。距離計は16,18,21mmすべて、Mのディスプレイ画面では50cmまでは調節可能ですけれど、M9ではやっぱり70cmまでしかピント合わせができません。
でも、この16mm、周辺光量落ちがなくてすごく使いやすいんです。私も使い始めたばかりですけれど、お薦めです。

いろいろレンズが欲しくなるから、日々、悩んじゃいますよね。
Commented by izumi-suzuki at 2015-06-18 01:33
cobag2 さん・・・
熊野、羨ましいです。 ずっとお天気だったなんて、最高の撮影旅行ですね。
私は球面レンズにずっとこだわりがあって、オールドレンズの柔らかい描写がとても好きなのですが、こうして使ってみると新しいレンズの使いやすさや描写力に感動してしまいます。
撮影がますます楽しくなりました。
Commented by izumi-suzuki at 2015-06-18 01:37
minton さん・・・
雨上がりは万物が潤うというか・・・空気のチリまで洗い流されて、透明感があって・・・美しい光景になりますよね。
こんな景色の中にずっと身を置きたいのに、座れなくて、本当に残念でした。
Commented by izumi-suzuki at 2015-06-18 01:41
roxanne6さん・・・
すごくご機嫌ですよ!!!
今まで、興味はどちらかというとオールドレンズの方に向いていたのですが、現行レンズのクリアな描写は筆舌に尽くせないものがありますね。
ライカの技術者の方が「究極」を求めて開発を続けているのだということをひしひしと感じます。
24mmはもともとすごく好きな画角だったので、嬉しいです。
Commented by izumi-suzuki at 2015-06-18 01:47
swingphoto さん・・・
おっしゃる通りですね。
LEICAが妥協なしに理想を追求してきた結果なんでしょうね。
私みたいなアマチュアでも、撮影するたびにちょっと自己満足気味の溜息なんかしちゃいます。(笑) レンズのおかげですっかりいい思いをさせてもらって、ライカに感謝しなくちゃね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 梅雨の避暑地にて・・・      ようこそ・・・6月へ >>