2015年 01月 20日

ancient island



明け方からずっと どんよりとした曇天だったのが

少し日が高く昇った頃に 少しずつ雲に切れ目が見え始めた。


靄っていた海面が次第に晴れてきて

薄くぼんやりとした島影が 雲間からわずかに射す日の光の中に 浮かび上がってくる。


遠くに臨む島影は不思議だ。

何かそこにはいいことがありそうな 希望の気配がする。

太古の昔から 島はそこにあって 

海の向こうから 期待を誘い 冒険を促して・・・神秘の世界へ招いている。


b0267227_21521352.jpg



[ LEICA-T  VARIO-ELMAR-T 18-56 ASPH. ]

by izumi-suzuki | 2015-01-20 21:55 | * Gallery  | Comments(12)
Commented by tullyz1 at 2015-01-20 23:30
光芒がなにやら神々しい感じすら与えますね。
海の向こうに浮かぶ島影は四国の島々を思い出させます。
絵になる景色です。
信州には海が無いので、なおさらこういう風景にはあこがれます。
Commented by cobag2 at 2015-01-20 23:54
こんばんは、
美しい大島の島影が徐々に茜色に替わって行く様を追いかけられたのですね^^
この位置からだと晴れた夜などはちらちらと点滅する島の明かりと
満天の星が楽しめるのではありませんか?
LEICA T、ナイス・パフォーマンスです。
Commented by voyagers-x at 2015-01-21 11:01
おはようゴザイマス!!
美しい風景ですね
光芒も見えますね
遙か向こうに霞んで大陸が見えます
現実的にあの島は○○だと考えずにあえて大陸と^_^;
大きな風景を見ると気持が穏やかになまりますね
Commented by somu_hino at 2015-01-21 18:21
まるで
絵葉書のような風景ですね!
切り取りが素晴らしいと思います。
見習わないと〜(^^)
Commented by シャボン玉 at 2015-01-21 19:14 x
雲間から射すかすかな光芒もやがて陽が高くなるにつれ
その輝きが鮮やかに姿を変えくる。
そしてその吐息は天の恵みとなり太古からの豊かな海の自然に
果てしない希望を与えるであろう。
Commented by swingphoto at 2015-01-21 23:29
海の向こうに見える島影は
とても不思議な雰囲気を醸し出しますね。
陸続き対岸だとそう見えないけど、
島は何か異国の地を思わせるのか
とてもエキゾチックに感じます。
Commented by izumi-suzuki at 2015-01-22 18:15
tullyz1さん・・・・
コメントをありがとうございます。
四国の島並が記憶に新しいですものね。私も山や森の中にでかけるのが好きな方なのですが、久しぶりに海に出かけて、光の撮り方で遊べるのでいいなぁと思いました。
瀬戸内のたくさんの島影が重なる中で、写真を撮ったら楽しいでしょうね。
Commented by izumi-suzuki at 2015-01-22 18:21
cobag2 さん・・・
コメントありがとうございます。
cobag2 さんには見慣れた風景ですね。 朝に夕に大島を眺めていられるというのは羨ましいです。
夜の間は曇っていたので、残念ながら星は見えませんでしtらけれど、満天の星空の中に浮かぶ大島をいつか撮影してみたいと思います。
大島もですけれど、初島のエクシブの光が結構よく見えるでしょうね。
Commented by izumi-suzuki at 2015-01-22 18:24
voyagers-xさん・・・
コメントありがとうございます。
本当に・・大陸だったら、なんてロマンチックでしょう!!!
ずっと船で海を越えてきて、朝焼けの中にこんな風に大陸の影が浮かび上がったら夢のようですね。
想像するだけで、わくわくします。
Commented by izumi-suzuki at 2015-01-22 18:31
somu_hino さん・・・
コメントありがとうございます。
本当は絵葉書やカレンダーの写真にならないようにと思うのですが、風景だけだと、やっぱりワンパターンになっちゃいますよね。
昔、写真を教えていただいた先生に、何か息づくものを加えなさいと言われたのを思い出しました。
なkなか奥が深くて難しいけど、そこが楽しいところでもありますね。 これでよし!というものがないから・・・
Commented by izumi-suzuki at 2015-01-22 18:33
シャボン玉さん・・・
コメントありがとうございます。
わぁ、すごい!!  シャボン玉さんは詩人でいらっしゃいますね。 今度からキャプション、 シャボン玉さんに考えていただこうかしら?
海は雄大だから、いろいろな思いが広がりますね。
Commented by izumi-suzuki at 2015-01-22 18:47
swingphoto さん・・・
コメントありがとうございます。
そうなんです。 海を渡らないと行かれないというだけで、すごく未知の世界に感じられます。 そこがどんなところか知っているはずなのに、そこには何かとてもいいことが待っていそうで、ミステリアスな夢の地のように思えます。
黄金の国という噂を聞いて異国の船がやってきたのも、日本人が燃えるような期待を胸に大陸に渡ったのも、きっと島国で海を越えなければならないということが大きく影響しているのでしょうね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 生命のオブジェ      the Great fishing >>