2015年 01月 12日


b0267227_23302171.jpg





キャプションを考えてはみたのだけれど、この煌めきに添える言葉が なんだか何も浮かんでこなくて・・・

だから今日は 題名なし、キャプションなしでいきます。



熱海から初島に向かう船は 朝7:30から夕方6:00まで、1日9往復。
釣り人、遊びに行く人、そして島に住む人を淡々と運び続ける船の姿、 宿の窓からどのくらい見送ったかしら?


[ LEICA-T VARIO-ERLAR-T 18-56 ASPH. ]

by izumi-suzuki | 2015-01-12 23:46 | おでかけ編 | Comments(14)
Commented by tullyz1 at 2015-01-13 00:46
私はタイトルを付けるのを諦めていますが、それでは作品に
なっていないのですよね^^
黄金に輝く海、きれいですね~。
私だったら煌めきだけで満足してしまいそうですが
黄金色に見ているところがセンスの違いです。
Commented by rangefinder-love at 2015-01-13 10:39
美しい…。
私なら「黄金の国」か「ジパング」っていう題名にしちゃいます。
私のブログでは無題のものが今まで無くて、ちょっと意地になってるかもしれませんが…。
Commented by voyagers-x at 2015-01-13 11:26
おはようゴザイマス!!
写真のタイトルと付けるのはほんとに難しいですね
僕のBlogは基本的に写真に通し番号にしてありますけど
写真の上に僕のぼやきというか感じた事をひと言添えてあります^_^;
写真を見る人にあまり強要はしたくないけど、僕が感じた事を少しは感じて欲しいみたいな^_^;

素適な黄金色の海
まばゆい感じですね

Commented by swingphoto at 2015-01-13 18:42
綺麗な光ですね。
キラキラ、キラキラ、
言葉はいらないです。
Commented by somu_hino at 2015-01-13 21:50
まさに黄金色ですね!
綺麗です。
Commented by Jimmy at 2015-01-13 22:20 x
熱海ですか、こんな素敵な風景に出会えるのですね。退職後に行ってみたいです。
でも、このようなショットに落とし込めるのは、研ぎ澄まされたizumiさんの感性の賜物ですね。
Commented by Desire at 2015-01-14 23:24 x
イイ光と良き写真
キャプションなど不要ですね(^_-)
Commented by izumi-suzuki at 2015-01-15 16:00
tullyz1さん・・・
コメントありがとうございます。
タイトルをつけないのだってアリと思いますよ。
私はいつもは、その写真にこめる自分の思いを、見る人に共有して欲しくて、タイトルをつけたりキャプションをつけたりしているのですが、ナシでも伝わるものがあればいいような気がします。決まりはないから自由な発想でいいんだと思います。

この日の朝の光景は本当に美して、忘れることはできません。
あのお感動が少しでも伝われば嬉しいなと思っています。
Commented by izumi-suzuki at 2015-01-15 16:03
rangefinder-loveさん・・・
ジパング・・いいなぁ。今度使わせていただこうかな?
作品によっては、すぐにタイトルが思い浮かぶのもあるし、そうでなくて思いつかなくて幾晩も考えちゃうことも・・・
今回は思いが深すぎて、言葉にならなかったのかも。
Commented by izumi-suzuki at 2015-01-15 16:10
voyagers-xさん・・・・
そうですよね。私も、作品を見ていただく人に思いや感動を共有していただきたいといつも思って、それで、タイトルやキャプションをつけます。
今回は、何かを伝えたいというより、あの時の海の美しさ
をそのままお伝えしたくて、そうしたら、言葉はかえって余計なものに感じてしまいました。
見てくださった方に、あの朝の一瞬を共有していただけたら嬉しいです。
Commented by izumi-suzuki at 2015-01-15 16:12
swingphotoさん・・・
ね、そうですよね。この煌めきに添える言葉なんていらないですよね。
自然の力って本当に不思議ですね。一瞬の技で、こんなに美しく海が輝いたりするのですもの。
Commented by izumi-suzuki at 2015-01-15 16:43
somu_hinoさん・・・
金色でしょう? 本当に綺麗な海だったんですよ。 ほんの少しの間ですけれど、こんな一瞬に出会えると嬉しくなります。
Commented by izumi-suzuki at 2015-01-15 16:49
Jimmyさん・・・
東京にいると熱海はポピュラーすぎてちっとも面白くないんですけれど、関西にいらっしゃると珍しい場所になるのですか?
私が、城崎や有馬に一度は行ってみたいと思うのと同じかな?
熱海は古い温泉街ですけれど、ごちゃごちゃしていてあmり風情はないんです。 少し湯河原の方面に車を走らせて伊豆山の辺りに宿をとられるといいかもしれません。
このシーンは、私のというよりは自然の不思議な取りあわせの成せる技です。風の具合、波の立ち方、空の色温度、雲の切れ目、太陽の高さ、いろいろなもののミックスです。
Commented by izumi-suzuki at 2015-01-15 16:54
Desireさん・・・
本当にね。思いがこもってしまうと、言葉がかえって邪魔で、まっさらな状態で見ていただきたいなと思いました。
あの時間に居合わせた自分がすごく幸せで、なんだか嬉しいです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< the Great fishing      冬の花火 >>