2014年 03月 13日

Great gift from Winter

暖かくなってきて、あちこちで春の便りが聞こえてくるようになって・・・・

過ぎ去っていく冬に思いを馳せる。

今年はことのほか厳しい冬で、豪雪に泣いた地域も多かったし

嫌われて、追われるように去っていく冬だけれど・・・・本当は それなりに美しく気高い。



弘前城の桜並木・・・・・この道が満開の桜で埋め尽くされて 人々が集うまでには、まだ二ヵ月ほど待たないとね。

冷たい雪の中で じっとじっと 首を長くして待っているから、 だから 嬉しい「春」 なのかもしれないね。


春は、冬がくれる贈り物



b0267227_0243374.jpg




[ HASSELBLAD 500C/M Planar 80mm f2.8 ]

by izumi-suzuki | 2014-03-13 00:31 | * Gallery  | Comments(16)
Commented by minton at 2014-03-13 00:59 x
冬が厳しい地域でこそ、春の喜びが大きいように思います。
izumiさんは行動範囲がとても広いですね。

今年の冬は日本中雪が凄かったですね。
僕の会社の雨樋は雪で壊れてしまいました。
Commented by izumi-suzuki at 2014-03-13 01:24
mintonさん・・・
この写真は去年のお正月に弘前に出かけた時のもので、ちょっと古いんです。 
先日、Wingfield Bulockという人の写真展に出かけて、古いモノクロームの写真をたくさん見てきたら、なんだか触発されてしまって・・・・
雪景色の写真が欲しくて、去年のを引っ張り出しました。

今年は記録に残るような雪の冬でしたね。
東京は雪国とは比べ物になりませんが、慣れていない分、大変な思いをしました。

春・・待ち遠しいですね。
Commented by somu_hino at 2014-03-13 07:57
izumiさん、こんにちは♩

今年の冬は
いつものより荒れ模様だった印象が強いですね。
それでもいつかは春になるでしょうから
早くコートが要らない気候になって欲しいものです。

その前に花粉の季節をくぐり抜けないと
いけませんけど…(笑)
Commented by Jimmy at 2014-03-13 18:00 x
なんと素敵な写真でしょう。もちろんIzumiさんの腕とセンスの結晶なのでしょうが、ハッセル-planarの成せる技でもあるのでしょうね。
それといつもながらの洗練された文章が良いですね。最後の表現グッとくるものがあります。
Commented by cobag2 at 2014-03-13 19:22
こんばんは、
究極のハッセル、死ぬまでには手にしたい LEICA (笑)。
素晴らしいモノクロスクェアショットです^^
こんな条件の中でも白トビ、黒潰れなど破綻しない Planar 80mm とは!
Commented by tullyz1 at 2014-03-13 19:54
水墨画のような一枚ですね。ハッセルを持って雪と対峙するみたいな感じです。
正月に弘前ですか。珍しい選択肢ですね^^
青森の冬は厳しそうです。
桜の季節に行ってみたいと思っているのですが、
凄い人なんでしょうね。
この冬の雪は参りました。
壊したお隣のカーポートの修理もこれからです。
ハァ・・・
Commented by izumi-suzuki at 2014-03-14 23:33
somu_hinoさん・・・
今年は本当に春が遅いですね。 早く半袖ポロシャツで駆け回りたいです。でも、まだまだですねぇ。
桜の開花も今年は遅いようですし・・・気を長くして待つしかなさそう・・・
でも、今年は花粉の量も若干少な目なんじゃにでしょうか。どうかな? だといいけど・・
Commented by roxanne6 at 2014-03-14 23:38
雪の週が過ぎてようやく暖かくなってきたら
急に梅や桃があちこちに咲いてきましたね。
雪の風景も来年までお預けになるでしょうか?
Commented by izumi-suzuki at 2014-03-14 23:41
jimmyさん・・・
ありがとうございます。
中判カメラはやっぱり奥行き感があるというか、35mmとは違う世界になりますね。 それに6x6の真四角なフレームが独特の雰囲気を作っているのだと思います。
ブローニーで写すと一枚のコストが高くて、そんなに気軽にパシャパシャいけないのですが、たまに滅茶苦茶フィルムにかきたてられることがあって、なかなか捨てきれない魅力があるんです。 時々はブログにもupしますから、また見てくださいね。
Commented by izumi-suzuki at 2014-03-14 23:47
cobag2さん・・・
本当に、ハッセルには絶対の信頼感がありあますね。 でも、フィルムはやっぱり現像が上がってくるまで、結構ドキドキします。 それでも、このドキドキ感が麻薬のようなもので・・・いつまでたってもフィルムもやめられません。(笑)
Commented by izumi-suzuki at 2014-03-14 23:55
tullyz1さん・・・
お正月に弘前って、やっぱり変わり者ですよね?(笑) なんだか急に雪に埋もれたお正月を味わってみたくなって、東北新幹線に乗っちゃったんですよ。・・・やっぱり変な人かな?
「雪と対峙」といっても、寒いし・・・・三脚も立てずに大砲みたいなハッセルを腰に構えて手持ち撮影です。・・・やっぱり変な人だ、私・・・
今年の雪はシャレにならないくらいの酷さでしたものね。お疲れ様でした。本当に大変だったでしょう? 早く暖かくなるといいですね。
Commented by izumi-suzuki at 2014-03-14 23:59
roxanne6さん・・・
そうですね。最後の雪の写真かな?
ようやくお花も咲きだして、春の空気が感じられるようになりましたものね。 今年は何を撮りたいかなぁと思いつつ、なかなか決まりません。
どこへ、何を撮りに行こうかといろいろ考えている時が一番楽しいのかも・・・・・
Commented by roxanne6 at 2014-03-15 20:36
弘前でしたか!私も以前、仕事の後に寝台特急に飛び乗り、真冬の弘前を訪ねました。
いいですよね、冬の弘前、津軽半島
Commented by izumi-suzuki at 2014-03-15 23:17
roxanne6さん・・・・
roxanne6さんも私も、同じですね!!! 真冬の津軽半島、頑張ってそこで生活している方にはしかられそうですが、やっぱり憧れのようなものがあって、どうしても雪に埋もれてみたいなぁみたいな衝動がありますよね。 冬はどうせならうんと寒い方が被写体になりますね。
Commented by シャボン玉 at 2014-03-17 20:03 x
今晩は、モノト-ンの世界、静寂な世界の表現ですね
う~ん 一本とられた  
こんなお写真に憧れを感じてます!!!
Commented by izumi-suzuki at 2014-03-18 15:49
シャボン玉さん・・・
ありがとうございます。
先日、Percy Wingfield Bulock という写真家の写真展に行って、すっかりモノクロームの触発されてしまいました。 20世紀後半に活躍された方で、古い写真ばかりでしたけれど、大判カメラで緻密に撮影されたモノクロプリントは素晴らしくて、本当は真似などできたものではないんですよね。
でも、気に入っていただけたら嬉しいです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< Rainy day      What a relief t... >>