2012年 05月 21日

忘れられた年月・・・

山道の途中、ふと気付いた足元の古い缶・・・・・
たくさんの人に踏みつけられてぺちゃんこになって、雨風にさらされてラベルも朽ち果てて・・・・・でも、アルミの部分だけが、妙に生々しくツルツルと光って存在を主張していた。
くじけない奴・・・・・

b0267227_16524851.jpg

Nikon FM3A

by izumi-suzuki | 2012-05-21 16:51 | * Gallery  | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 光る糸      未来へ・・・ >>