2012年 06月 26日

モネの庭園 ~ 睡蓮の池

パリから北西に90kmほどのジヴェルニーの村は、印象派の巨匠モネが晩年を過ごした家があります。優れた造園家でも あったモネは敷地の中に「花」と「水」の二つの庭園を造り、そこで次々と名作を書き上げたのです。
この写真は、有名な睡蓮の絵の題材となった池ですが・・・ちょうど橋の上に立った観光客がモネの絵のような構図を作ってくれました。
ただ・・・モネの時代でない証拠に、橋の上のこの女性、拡大するとサングラスをかけています。(笑)
私のV-LUX1 のデジタル画像は、光線の具合でシャープネスがきつくかかりすぎることがあり困ったりしていたのですが、この時は それが幸いして、なんだか印象派の絵のようになりました。
写真そのものの評価としてはどうかなとも思うのですが・・・・

b0267227_13532589.jpg

[LEICA V-LUX1]

by izumi-suzuki | 2012-06-26 13:52 | * Gallery  | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< パリ16区      プロヴァンの古民家 >>